「婦人科=来院しにくい」というイメージをお持ちではありませんか。 でも、女性には思春期から熟年期まで、ライフサイクルに応じて特有のさまざまな変化や悩み、 疾患があらわれます。それらを軽減し、健康で楽しい毎日を過ごせるよう治療・アドバイスをさせていただくのが私たちのつとめ。いわば、女性の生涯を見守るパートナーなのです。
当クリニックは、皆さまがリラックスしてお話しできる環境づくりと、疾患や治療に対する分かりやすい説明・ケアを心がけています。 「ちょっと調子が悪いのだけど、どこの科にかかったらよいか分からない」という時も、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。 また、産科においては安全かつハイレベルな、そして満足度の高い健診・出産を叶えるための 「O.L.Cオープンシステム」を導入しております。
健診は「かかりつけ医」で、お産は「総合病院」で。
互いの緊密な連携のもとで安全に出産できるのが「オープンシステム」の魅力です。
「おおたにレディースクリニック」は出産を、連携している同じ浜松市の「県西部浜松医療センター」または 「聖隷三方原病院」で行っています。妊婦健診は個人病院で、分娩は総合病院で実施する「オープンシステム」という形態を 取り入れているからです。
妊婦さんにとって、オープンシステムのメリットは何といっても、設備とマンパワーの整った環境で安全に出産できること。 お産はとてもダイナミックなものなので、突然状況が変化し、緊急帝王切開が必要となったり、出血が多くて輸血が必要となったり、 産まれた赤ちゃんをすぐNICU(新生児集中治療室)の先生に診てもらわなければならない事態も起こりえます。総合病院なら、 こうしたハイリスクの状況下でも、常に充実した設備と先端医療機器、そしてマンパワーによって最善の医療を受けられるのです。 また、健診においては個人病院ならではのきめ細やかさにより、異常を早期に発見できる、 思い出に残るマタニティライフが過ごせるなどの魅力もあります。
オープンシステムは、あたかもお産をすべて個人病院から総合病院に集約するかのように受け取られがちですが、 それは大いなる誤解。より安全でハイレベルな医療体制のもとでお産をするための、非常に合理的な方法なのです。 病院はかわっても主治医は私ですから、ほぼ毎日回診に伺いますし、毎週水曜日の20時頃から24時の間は分娩にも 立ち合わせていただきます。また、お母さんの産後の健診も「おおたにレディースクリニック」で行います。
・母子感染予防検査
・超音波検査
・妊娠後期の貧血の検査
・1~9回の妊婦健診
・10ヶ月以降は1週間ごとの妊婦健診
同じ浜松市内の
「浜松医療センター」
「聖隷三方原病院」
のいずれかで分娩
※毎週水曜日の20時頃から24時の間は分娩にも立ち合わせていただきます。センターのみになります。
・お母さんの産後の健診や、おっぱい推進

TOPページ初めての方診療時間・診療内容OLCスタジオ漢方外来についてピル外来について
クリニックについて院長からのメッセージプライバシーポリシーアクセスブログ