おおたにレディースクリニックでは積極的に漢方薬を取り入れています。
漢方薬は、天然の生薬(薬草の根や茎、葉などの有用部分を乾燥させたもの、動物由来のもの、鉱物など) をいくつも組み合わせた薬。身体を流れる三要素「気・血・水」のバランスを整え、人がもともと持っている 自然治癒力を高めていきます。ここが、具合の悪い部位に直接働きかけて治そうとする西洋薬との大きな違い。 一人ひとりの体質や病気の状態を見極めた上で最適な漢方薬を使用すれば特効薬になり、また副作用も少なくてすみます。
漢方薬は、脈診・舌診・腹診など漢方医学の伝統的な診断方法に基づいた、患者さん個々に最適なオーダーメイドの処方が基本。
しかも体全体のバランスを整えていくので、複数の症状が改善されることがよくあります。
たとえば冷え性の治療が目的だったのが、知らないうちに便秘が解消したとか、花粉症がよくなった…という具合。
症状が改善すれば、服用をやめても元の症状に戻りにくいのも漢方薬ならではのうれしい特徴です。
一般的に「高額」というイメージがある漢方ですが、実はそれは勘違い。
おおたにレディースクリニックで処方している漢方薬のすべては健康保険が使え、西洋薬と同じ自己負担率です。
しかも、漢方薬には「一処方で複数の症状に対応できる」という強みがあり、 熱を下げる解熱薬、細菌の感染を抑える抗菌薬、胃腸の働きを助ける胃薬…などと、 症状ごとに薬を処方する西洋薬に比べて薬剤費が少なくてすむ場合がほとんど。
漢方薬は上手に使えば、とても経済的な治療法なのです。
ライフスタイルの多様化やストレスなどの影響で、西洋医学単独では治りにくい疾患、原因のわからない疾患を抱えていらっしゃる女性が最近とても増えています。たとえば月経前症候群(PMS)や更年期障害、不妊症。病状により、どちらが主となり従となるかは異なりますが、これらは特に、西洋医学と漢方医学の組み合わせでより良い治療効果を生むことができると私は考えています。「仕方のないこと」とあきらめかけていた症状が驚くほど改善されるケースも少なくありません。ぜひご相談にいらしてください。

TOPページ初めての方診療時間・診療内容OLCスタジオ漢方外来についてピル外来について
クリニックについて院長からのメッセージプライバシーポリシーアクセスブログ